ハーブティー

タグ: ホルモン

もはや近代ではホルモンのバランスを説明しきれない

Y精子というのは、酸性に弱く、また、短命で、 それとは逆に、X精子は、忍耐強く、長命です。 こうした性質を利用し、 排卵の時期をしっかりつかんで、 いつセックスしたらいいか、タイミングをはかって産み分けをしていきます。 つまり、女の子が欲しいのなら、 膣のなかで酸性が強い日を選んでセックスするのです。 ただし、精子が生き延びられる日にちも考慮して、 ほどよい日にちを選ぶ必要が出てきます。 精子の寿命というのは平均的には、Y精子が1日。 X精子は2日?3日です。 そこで、排卵日の2日?3日前を基礎体温表から突きとめましょう。 その2日?3日前を、最後のセックスとするのです。 排卵のリズム 基礎体温表をつけ続けていると、 体温の低い日がしばらく続いているうちに、 一度にぐっと下がり、その直後に、高い体温が続いたりします。 こうした変化は、ホルモンのバランスによるものです。 月経が始まり、そして終わり、やがて排卵日へ。 この一連の期間が、低温期(卵胞期)です。 排卵日直後から、つぎの月経まで。 これが高温期(黄体期)です。 このように、高温と低温がきれいに分かれているのが、 理想的な基礎体温表です。 きれいに2層に分かれていれば、 排卵日ははっきりわかります。 というのも、 排卵日は、低温期から高温期に移る、まさにその日のことで、 月経とつぎの月経の、ちょうど中間点であることがいちばん多いのです。 もしも、きれいに2層に分かれない場合は、 産み分けはしばらく延期して、 基礎体温表をもうしばらくつけ続けた方がいいです。 基礎体温は、慣れないうちは、 はかり方のコツのようなものがまだつかめないかもしれません。 でも、継続しているうちに、 自分の排卵のリズムというのが、なんとなくわかってくるものです。 もっとも、個人差というのは、ときに、予想外に大きい場合があります。 たとえば、高温期に移って2日?3日たった頃が、 ちょうど排卵日になる、といった人がまれにいるのです。 したがって、自分の基礎体温表に不安があったり、 もっと確実に産み分けをしたいと思う人は 産婦人科に相談すべきでしょう。 産婦人科では、基礎体温表をもとに、 超音波など、他の方法で排卵の時期を特定したりします。 さて、そうやって排卵日が特定できたとしましょう。 すると、今度は、セックスの計画を立てる番です。 女の子を産むための最後のセックスは、 排卵日の2日か3日前です。 女の子の元であるX精子を受精させるためには、 精子があまり濃くて数が多かったりすると、 Y精子に有利になってしまいます。 だから、最後のセックスの前にも、 何度かセックスをくり返し、 精子の濃さを調整するわけです(薄くする)。 具体的には、2日?3日に1度のセックスがいいでしょう。 毎日セックスしたら、今度は、薄くなりすぎるからです。 (調整のためのセックスの際は、避妊を忘れずに) 基礎体温が不規則だったらそもそも、基礎体温というのは、 一番高い温度と一番低い温度との差が、0.55度しかありません。 とてもデリケートで、 外気温の変化や、ストレスなどで、バラつきが出てきます。 しかしながら、長期にわたって基礎体温をはかり続ければ、 そうしたバラつきも、広い意味の、測定誤差といったものになって、 だいたいの傾向がつかめてくるものです。 ただ、なかには、どうしても基礎体温が不規則になってしまう人もいるでしょう。 そういう人は、生活習慣を見直すことをおすすめします。 まず、規則正しい生活を心がけてください。 そして、朝目が覚めたら、すぐに基礎体温をはかります。 この習慣が、生活をより規則正しくするきっかけになることさえあります。男の子が欲しいなら、 女性は、濃厚なセックスをすべきです。 女の子の場合は、事情が逆です。 女の子が欲しければ、膣のなかを酸性にして、 Y精子(男の子の元)が通りにくい状態にすればいいのです。 セックスで女性がオルガスムスを感じると、 子宮頸管からアルカリ性の粘液が出てきます。 このアルカリの粘液によって、 膣のなかは、より中性になります。 つまり、酸性が苦手なY精子にとって、いい環境になってしまうのです。 すると、Y精子が卵子にたどり着いて、 男の子が産まれる確率が高まってしまいます。 そういうわけで、 女の子が欲しければ、 女性は、あっさりしたセックスをして、 オルガスムスなど感じないようにすることが大事です。 当然のことながら、 こうしたセックスは、男性の不評を買います。 腹を立てる男性もいます(当たり前)。 だから、夫婦でよく話し合いをしておくことが肝心なのです。男女の産み分けには、膣のなかがX精子、Y精子いずれに有利になっているか、 これによって決まります。 こうした膣のなかの環境を、人為的にコントロールする方法があります。 それが、グリーンゼリーとピンクゼリーです。 男の子が欲しければグリーンゼリーを使い、 女の子が欲しければピンクゼリーを使います。 このゼリーは、イギリスで開発されたものです。 ゼリーの成分は、当然のことながら、 安全性に問題のないものでできています。ピンクゼリーとは、女の子を産む因子を持つX精子が、 膣のなかで有利に動けるよう、 膣を酸性に保つためのゼリーです。 ピンクゼリーの実験結果があり、それによると、 排卵日当日、通常なら、子宮頸管から出るアルカリ性の粘液に満たされているところを、 膣にピンクゼリーを注入して、5分後にかき回しpHをはかったところ、 結果は、酸性になったということです。 ということは、何も排卵日の何日前にセックスを、 などと決めることなく、 妊娠可能な期間であれば、 いつでも自由にセックスできるということになります。 ゼリーを開発したイギリスでは、実際のところ、 性交日を限定しないやり方が多いそうです。 しかし、わが日本では、もう少し慎重なやり方をしているようです。 日本においては、排卵日の2日くらい前、おりものがちょっと増えてきたかな、 というくらいのときにピンクゼリーを使い、性交するよう指導しているようです。 ピンクゼリーは、常温の状態では、ほとんど半分は溶けた状態です。 ただ、冬場は全体が固まっていることがあるので、 そういう場合には、適当な容器に熱めのお湯を注ぎ、 その中にゼリーを34分ほど入れて、 溶かして使います。 熱を加えても、ゼリーの効力は変化しないから、だいじょうぶです。 ゼリーは、10mlを注射器に取り、 膣に注入します。 なお、女の子を産み分ける際は、ピンクゼリーの使用によって、 率が高まりますが、男の子の場合は、 必ずしも、グリーンゼリーは必要ないようです夫の職業で、赤ちゃんの性別が変わる職業によって、産まれてくる赤ちゃんの性別にかたよりが見られることもあります。 潜水夫のように、水中に潜って作業をする職業の人は、 女の子が産まれやすくなります。 飛行士の場合も、女の子が産まれやすいようです。 病院の麻酔医師も、女の子の確率が高いようです。 これらは、まだはっきりした原因はわかっていません。 ストレス→女の子 生理的ストレス、心理的ストレス、 こういったストレスは、女の子を産むのに役立つといわれています。 神経が過敏な女性は、酸性が強い環境になりやすいのかもしれません。 しかし、女の子を産むために、意図して、ママにストレスをかけるなんて、 これは本末転倒です。 あくまでも、1つの知識として。 食酢 排卵日を特定し、そこからセックスの日にちを決め、 いざ性交するというところで、 その直前、1リットルのぬるま湯に大さじ2杯ほどの食酢を入れた液を作り、 それで膣のなかを洗浄します。 すると、膣のなかが一時的に酸性になり、 Y精子(男の子の元)が死滅しやすくなって、 女の子の確率が高まります。 夫のやるべきこと 男性が身体にピッタリした服をつけていると、 体熱が発散されず、睾丸の温度が上がり、 その結果、精子の数が減るといわれています。 もともとY精子の方が熱に弱いので、数も減少するとなると、 それだけX精子が受精する確率が高まります。 そういうわけで、女の子が欲しい場合は、 夫は、身体にピッタリした下着をつけるようにしましょう。 やりすぎると、不妊の原因になります。 夫のやるべきこと  夫が、セックスの15?30分前に、濃いコーヒーを飲むと、 男の子が産まれやすいといわれています。 これは、コーヒーのカフェインが、精子に刺激を与え、 精子を活発にさせるからです(Y精子が特に元気になる)。 女の子が欲しいときは、これとは逆にすればいいわけです。 性交日の前後は、夫は、コーヒー、紅茶といった、 カフェインの摂取を避けるようにするのです。 そうすれば、女の子が産まれる確率が高まります。○基礎体温表 医師としてもある程度の資料がなければ、 判断のしようがありません。 そこで、すくなくとも3ヶ月以上継続している基礎体温表が必要になります。 この基礎体温表をもとに、医師はおおまかな排卵日を推定し、 また、つぎの受診日の目安にもします。 健康保険証 産み分けのカウンセリングは、基本的に、健康保険の適用外です。 したがって、全額自己負担になります。 リンカルやピンクゼリーの費用も、同様に、自己負担です。 ただ、診察を受けた結果、 子宮筋腫をはじめとしたトラブルが発見されたら、 その治療には健康保険が使えます。 だから、健康保険証も持参してください。 いつ受診するか? 病院を受診するには、タイミングがあります。 産み分けのカウンセリングでいくわけなので、 目的は、排卵日の特定です。 そうなると、排卵日が近くなってきた、と思われる日に行くのが正解でしょう。 それまでつけていた基礎体温表をざっと見て、 排卵日と思える日の3?5日前をつきとめます。 一般的には、月経開始日から7日?12日のあいだに受診するのがいいようです。 排卵してしまってからでは遅いので、やや早めに。 とくに、排卵や月経周期が短い人は、早めに行くべきでしょう。 産み分けのカウンセリングといっても、 最初の受診では、 子宮に妊娠しにくいトラブルがないか、ということも調べます。 したがって、内診も行うのが普通です。 月経中は避けるべきです。まず、1つの方式として、 排卵を促すために、脳下垂体から分泌されるLHホルモンがありますが、 これの濃度を調べます。 これは、尿で調べます。 排卵は、LH濃度がピークになったときから、 約24時間以内に起きます。 そこで、検査薬によって、このピーク時を突きとめるわけです。 具体的には、 基礎体温で、おおまかな排卵日の目安をつけます。 そして、目安となる排卵日の、その少し前から検査を開始。 1日1回必ず検査します。 そうすることで、ピークをしっかり突きとめるのです。一方、シダ状結晶で見る方法もあります。 これは、子宮頸管粘液または唾液をガラスの上にとって、 それを乾かし、顕微鏡で観察する方法です。 子宮頸管粘液や唾液は、 排卵日が近くなると、 きれいなシダ状の結晶ができるのです。 その性質を利用しているわけです。 シダ状の「シダ」とは、植物のシダです。 植物のシダは、連続した特有の模様を持っています。 簡単にいうと、一本の筋のわきに、 細かい枝を広げたように、幾筋もの模様ができます。 この方法は、 子宮頸管粘液の量が少なく、 粘りけでは判断できない人にお勧めです。 排卵日を知るためのその他の検査 血液・尿中のホルモン検査、子宮頸管粘液検査のほかに病院では、経膣超音波検査などもおこなっています。 これは、膣のなかにプローブという器具を入れ、 超音波で卵巣とか子宮を観察するやり方です。 卵巣の変化 卵胞は、1日に1?2ミリずつ大きくなります。 そして、排卵日には、23?25ミリにまでなります。 最初、うっすらした小さい円形で、 それが、だんだん大きくなるにつれて、 はっきりとした黒い色で見えるようになります。 この卵胞の大きさを超音波で観察していくのです。 月経初日から10日目くらいを初めとして、 1?2日ごとに測定します。 何ミリくらいで排卵するかは、個人差があります。 そこで、何周期か検査を重ねて、 自分特有のクセを知っておくと、役に立ちます。 子宮内膜の変化 黄体ホルモンが分泌されなくなると、 子宮内膜は、1枚の細胞の膜だけ残し、 子宮壁からはがれ落ちます。 この際、 血管が破れ、出血しますが、 これが月経です。 残された細胞の膜だけになった子宮内膜は、 卵胞ホルモン(エストロゲン)の働きで、 月経初日から2週間ほどかけて、しだいに厚くなっていきます。 この経過のなかで、 最初に薄いラインでしかなかった子宮内膜が、 最終的に1センチほどにまで至ると、 これが排卵のサインとなります。精力の増強に通販でクラチャイダムゴールド を購入

9月 11, 2016     0 Comments