ハーブティー

タグ: 便秘

第1回たまには便秘について真剣に考えてみよう会議

便秘がもたらす身体の異常! 放置しておくと大変なことになりますよ1.お腹の張り、痛み、おなら 悪玉菌が増殖して腐敗発酵を起こすと、ガスが発生しやすくなるため起こります。便で出口をふさがれると、行き場を失ったガスが腸内にたまるためお腹の張りや痛みが起こりやすくなるのです。お肌のトラブル 自律神経の働きの乱れによるニキビ・しみ・そばかすなどトラブルの原因にもなりす。頭痛、肩こり 自律神経の働きの乱れによる頭痛、肩こりも起こります。食欲不振、吐き気、口臭、肥満食欲がなくなることもポッコリお腹の原因になることもイライラ、不眠 イライラする、怒りっぽくなる、夜ねむれないなんてこともこんな症状に心当たりはありませんか運動不足ストレス無理なダイエット食のための食物繊維不足刺激の強い便秘薬の連用により腸が刺激に慣れてしまったなど・・・・お話しを聞いてみると便秘の原因は人それぞれあるようです。便秘は女性の大敵!女性の半数以上が便秘に悩んでいるといわれていますこの便秘、結構簡単に考えられていますが、女性にとっての深刻な問題である、「肌荒れ」や「吹き出物」の原因となるのはご存知でしたか予防のために通販で大麦若葉青汁を購入して飲むまた、重大な病気の症状が隠れていることもあるので注意が必要なのです。かりに受精したとしても、いざ妊娠に気づくには、 その後2、3週間はかかります。 妊娠に気づかなかったこの期間に、 赤ちゃんは重要な器官をつくりながらどんどん成長しています。 すると、気づかなかったこの間にやっていたことが気になるもの。 赤ちゃんに影響ないだろうか、などとつい考えてしまいます。 しかし、普通の生活の範囲内でやっていたことであれば、 問題ない場合がほとんどです。 薬 市販の薬を、指定通りに飲んでいたのであれば、問題ありません。たばこ 妊娠がわかったら、すぐやめるべきです。 しかし、それ以前に吸っていた分については、心配ありません。 X線撮影 胸部のX線撮影につかうX線の量は、ごく微量です。 心配いりません。 胃腸の透視などでX線を照射した場合は、検査機関に問い合わせてください。 歯医者の麻酔 歯科治療で用いる麻酔程度なら、 全身に影響することはなく、 問題なしです。 セックス 出血や腹痛などがともなわないのであれば、 セックスは問題なしです。 ダイエット 過去にちょっと過激なダイエットを行っていても、 いま現在の妊娠経過に問題なければ、 心配することはないでしょう。 高熱 確かにいいことではありませんが、 赤ちゃんの心拍がちゃんと確認できるのであれば、 問題なしです。 パーマ パーマ液、あるいは、カラーリングの液などは、 もちろん体にいいとはいえませんが、 しかし、それで赤ちゃんがどうにかなるというものでもありません。 電磁波 パソコン、携帯電話などの電磁波は微量なものです。 とくに心配する必要はありません。 アルコール 妊娠に気づかなかった間に飲んでいたアルコールが 赤ちゃんに影響することは、通常、考えにくいことです。 よほど大量に飲んでいた場合は、ちょっと心配ですが、 そうでなければ、問題なしです。 ストレス 通常の生活のなかで感じる程度のストレスなら、 まったく問題なし。 ストレスが胎児に影響を与えるのは、 たとえば、夫が戦場に行っていて、 生死が定かでない、などといった極限的状況下でのストレスです。 転倒した場合 ころんで、出血や腹痛が起きれば、 それはすぐに産婦人科を受診すべきです。 しかし、そうでなければ、問題ありません。たばこにはニコチンが含まれています。 このニコチンが体内にはいると、 血管の収縮を起こし、胎盤の血流も悪くなります。 その結果、おなかの赤ちゃんへ向かうはずの 栄養や酸素も少なくなります。 また、たばこには一酸化炭素が多量に含まれていて、 この一酸化炭素が、酸素を体の隅々まで運ぶ働きをする 赤血球中のヘモグロビンと結びつきます。 ヘモグロビンは、本来酸素と結びつくはずが、 それができなくなってしまうのです。 このように、タバコの服用によって、 母子共に低酸素状態、赤ちゃんにとっては栄養が届きにくい、 という状態が長時間続けば、 当然、赤ちゃんの発育が阻害され、 妊娠週数のわりに体重の少ない赤ちゃんが産まれる可能性が高まります。 また、胎盤の血流が悪くなると、 胎盤の機能を早くから低下させることになり、 常位胎盤早期剥離(じょういたいばんそうきはくり) などのトラブルが起こりやすくなるのです。 このように胎盤内の環境が悪化すれば、赤ちゃんは早く外へ出ようとするために、 早産が起こりやすくなります。 たばこが原因の先天異常もある 近年、ショッキングな報告がなされています。 それは、妊娠中の喫煙が、つぎのような異常をもたらすというものです。 すなわち、「口唇裂(こうしんれつ)」や「口外裂(こうがいれつ)」などの奇形、 心臓の先天異常、 精神発達遅滞児など、です。 また、生後の子供の身長や知能の発育にも影響する、という報告もあります。 受動喫煙(まわりの人の喫煙)にも注意を それまで喫煙していた人も、 妊娠を期に、禁煙できれば、それがベストです。 しかし、ニコチン依存症の人(ほとんどの喫煙者がそうでしょうが)の場合、 すぐには禁煙できずに、 少しずつ減らせばいいだろう、という風に考えがちです。 けれども、たとえ本数を減らしても、 有害物質が体に入る点では、あまり大差はないのです。 妊娠したら、即座にたばこはやめましょう。 (たばこがやめられないなら、妊娠すべきではないのでは?) また、しばしばいわれることですがたとえ妊婦さん本人が喫煙しなくてもたとえば、夫が喫煙者で、しかも、 無神経にダイニングやリビングで平気でたばこを吸ったりする場合、 同様に、ニコチンや一酸化炭素の悪影響を被る(こうむる)ことになります。 一説によると、自分で吸うより、 こうした、受動喫煙の方が、より強く、体に悪影響を与えるそうです。 夫を含めた、周囲の人の気遣いも重要になってきます。

9月 12, 2016     0 Comments